聞こえる喜びをドレミ補聴器がお届けします。
ホーム ≫ 補聴器の種類
補聴器の種類

補聴器には、大きく分けて2つの種類があります。
耳穴に挿入して使用する「耳あな形」と、耳の上から後ろに眼鏡のように掛けて使用する「耳かけ形」です。また、それぞれにデジタル補聴器とアナログ補聴器があります。

国内で販売する補聴器メーカーはたくさんありますが、各商品の性能には大差はありません。
聞こえに一番違いが出るのは店舗の調整技術なのです。

耳あな形

耳穴に挿入して使用します。既製品もありますが、一般的には使用する方から耳型をとり、オーダーメイドで製作します。耳穴にすべてが入ってしまうサイズのものもあり、目立たないというのが最大の特徴です。また、スピーカーが耳に近く、耳介の邪魔をしないので自然な音で聞くことができます。 耳あな形の欠点は、マイクとスピーカーが近いのでハウリングが起こりやすいこと、小さいのであまり機能や調整のつまみをつけられないことなどです。しかし、機種によってはオプションでリモコンが利用できますので、調整にはそれほど問題ないでしょう。

CIC補聴器

CIC(極小)

耳あなの奥に挿入するので外からほとんど見えません。
(目立たない)


ITC補聴器

ITC(カナル)

耳あなに挿入する標準タイプの補聴器です。
(あまり目立たない)


ITE補聴器

ITE(フルサイズ)

耳にしっかりと納まる高出力なタイプです。
(やや目立つ)


耳かけ形
耳かけ形補聴器

耳かけ形の特徴

耳の上から後ろに眼鏡のように掛けて使用します。耳あな形と比べると少々目立ちますが、最近では、おしゃれなデザインの“見せる補聴器”も発売されるようになり、年々耳かけ形の利用者は増えています。
耳かけ形は、やや大きさがあるので色々な機能が付けやすいことや、マイクとスピーカーが離れているので、ボリユームを上げてもハウリング(ピーピー音)を起こしにくいため、大きな音で聞くことができるという利点があります。
また、耳あな形より価格が安めなので、若い方からご年配の方まで幅広く利用されています。 耳かけ形の欠点は、耳の裏の汗などで壊れたり錆びやすいこと、スポーツなどをした際にやや外れやすいこと、眼鏡の邪魔になることなどです。



ページの先頭に戻るページの先頭に戻る